2007年07月06日

ゆかたが自分で着られるようになった!!!

商店街で子育て支援事業をしており(その名も「子育て村」)、この事業の委員長である私は「子育て村の村長さん」なのです。
選挙で選ばれたわけでもなく、お給料を頂いているわけでもなく、商店街の仕事なのでボランティアなのですが、4月にはお花見を開催、先日は「佐久市子ども未来館」のご協力をいただき、プラネタリウム鑑賞と、会員のみなさまと一緒に結構楽しんでいます。

今回は夏まつりシーズン直前ということで、【呉服屋のおかみさんに教わるゆかたの着付け講座】を開催。
新聞社の方の取材に見えているので私も生徒としてはりきって参加。

この企画、実は私自身が着付けが出来るようになりたかったからなのよね〜。
昔、東京に住んでいた頃、ゆかたをあつらえたので一度本を買って自分で着てみたけど、なんだかかっこわるくて…。
でもどこをどう直せばかっこよく着こなせるかわからないのです。

やっぱり先生にちゃんと教えてもらわないとだめだよねえ。

というわけで、2件隣の呉服屋さんにゆかたを持って行って来ました。

何回か練習して、一番ポピュラーな文庫(帯)の結び方をマスター!しないうちに店から呼び出しがかかり、浴衣姿のまま走って戻る。

中学校の吹奏楽部のコンクールの衣装のリボンとネクタイの発注をいただきました。ありがとうございます。
おっと、脱線!!!
メーカーに発注を済ませて呉服屋さんに走って戻る。

ゆかたの裾の位置の決め方とか、腰紐の位置とか、衿の決め方とか、いろいろコツがあるんですね。

さあ、それじゃあ、もう一度初めから着て見ましょう!というところで、今日納期のジャージの刺繍がまだ出来てないことを思い出し、ゆかた姿で退散。

何度か店で練習しました。
着替えてしまうと忘れちゃいそうなのでまだゆかた着たまま。あと1回練習するぞ。

あとで娘たちに「ゆかたが自分で着られるようになった!!!」って自慢するのだ。
今年の夏祭りのゆかたは私にまかせときなさい。友達何人連れてきてもいいよー、みんなに着せてあげるよ!ってだいじょうぶか、おいっ!
posted by みよちゃん at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て村のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。