2009年09月25日

「ふるさとの味、子ブナの甘露煮」

9月半ばのある日の朝、母が突然「どこかで鮒っ子煮てる、匂いがする!」と騒ぎ出した。


「むむむ、確かに、、、。」商店街に甘じょっぱいにおいが漂っている。


稲刈り前のこの時期になると「ドジョウ」、「小鮒」、「鯉」などがほんの一瞬、食料品店の店先に並びます。

かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい

このあたりでは、田植えのあと、たんぼに鯉や鮒、ドジョウを放し、稲を育てる有機農法が行われています。
田んぼに放たれた彼らが水の中を泳ぎまわることで藻の繁殖を抑制し、糞が肥料になるのだとか(稲作には縁がないので農家のおじさんの受け売りですが)
昔ながらの農法のひとつとして受け継がれてきています。

農薬を使わないこういう農法の田んぼにはほかに「タニシ」「カエル」「イナゴ」がいます。
カエルを食べると言う話はきいたことがないけどタニシやイナゴも秋の旬の食材です。

そして稲刈り前、田んぼの水を払う時にまずこれらのお魚さんたちをまず収穫するのです。

かわいい   かわいい   かわいい   かわいい   かわいい

お昼時になり、昼食のおかずの買い出しに近所のお惣菜やさんへ行くと、あ、ありました!
信州佐久の秋の風物詩、「小鮒の甘露煮」です。
小鮒.jpg
・・・子どもの頃は嫌いでした。

特に赤いのが混じっていると「きんぎょ!?!?!?」
たまに赤いのだけ集めてパックして売ってる店もあるけど、それは悪趣味でしょ。
赤いのはいまだに食べる気になりませんが、こーゆー黒くてちっこいのなら(体長2センチほど)。

あまじょっぱくてほろ苦いのがおいしいと思えるようになっちゃいました。
あー、わたくし、おとなです。酒のつまみにさいこー!!!

※ちなみに作り方は、しばらく清水で泥を吐かせた子ブナを生きたまま鍋にいれ、酒、みりん、しょうゆ、砂糖をかけて火にかけ、煮詰めます。
子どもの頃、おばあちゃんが作るのを見ましたが、なんとも恐ろしい光景でした。
∴自分で作るのはいやです。
posted by みよちゃん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬を食す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128856082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。