2008年08月31日

お蔵入りロックミシンがお嫁入りなのだ

娘のお友達がロックミシンを欲しがっているというので、あげることにした。

彼女は服を縫うのが趣味なのだそうだ。
文化祭で彼女が身につけていた衣装を見た。
自分で作ったのだと言う。ウ〜ン、たいしたもんです。

今どき服を自分で作れる高校生がどれだけいるだろうか、しかし服飾の道に進む気は無いという。
なんともったいない!

*  *  *  *  *

baby rock.jpg
その昔、私がフリーで衣装やウエディングドレスのデザイン、製作とスタイリストの仕事をしていた頃使っていたロックミシンなのだけど、店にはロックミシンがあるので信州に戻ってきてからはさっぱり使うことがなく、お蔵入りしていたものだ。

自宅のアトリエ(と呼んでいる倉庫)から発掘。

無事動くことを確かめ、

思い出を振り返りつつ拭き拭き。
まるで娘を嫁に出すかのような心持ちで。

これでいろいろなものを縫いましたなぁ〜。
変わったところではバービー人形のプロモーションビデオ作成にあたり、バービーの衣装を等身大で再現(人間が着用)なんてのもありましたっけ。

使ってくれる人が見つかって良かったねぇ。

可愛がってもらいなさい。

posted by みよちゃん at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

旬を食す2

信州佐久は今まさに「桃」が旬を迎えております。

地方発送用の桃はお盆前に収穫し、出荷され、今は地元小売店への出荷が最盛期なのですが、
今年は暑かったので収穫がちょっとでも遅れると熟れ過ぎてしまって大変なのだそうで、
先日、その収穫が遅れて出荷できなかった桃を妹の友人の地元の桃農家の方から「すぐに食べて!」と大量にいただきました。(豊作の恩恵です☆)

キズあり、割れあり、虫ありの桃ですが、久しぶりに木で熟した桃を食べ、
「桃ってこういう味だったよ〜。」と大感激。

食べ尽くしたのち、「この桃の味を一生忘れまい」と思ったのでした。
「ごちそうさま!!!」桃はやっぱうまいね。。。
旬を忘れたスイカよ、見習うがいい!!!


な〜んて思っていたら、今朝、母が店のシャッターを開けた瞬間、店の前にまたダンボール箱に入った大量の桃!
peach.jpg
「置いていったのは誰???」としばし騒然。

「ごんぎつね???」
と思ったら、母のお友達からでした。

お盆明けから、朝は寒いぐらいに涼風が吹いていますが、夏の名残り、また楽しませていただきます。

そしてそして、今日は当店スタッフの『ノリカボイスのひろみさん』からも千葉の梨のおすそ分け。
こちらも楽しみです〜。ごちそうさま☆
posted by みよちゃん at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬を食す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

さよならオレンジジョア

商店街にはさまざまな人がさまざまなものを売りにきます。

ヤクルトおねえさんもそのひとり。

週に一度ぐらい現れるこのおねえさんからジョアのオレンジ味が廃盤になることを聞き、ショック!!!
さっそく買い求める。

10日近くももったいなくて飲めずにいましたが、
賞味期限がもうすぐなので飲んでしまうことにしました。
orangejoie.jpg
ジョアはオレンジ味がいちばん好きだったのに〜もうやだ〜(悲しい顔)
さよなら、オレンジジョア。

あ〜あ、飲んじゃった。
ラベル:ヤクルト ジョア
posted by みよちゃん at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

制服ブレザーの変遷

本日、以前お買い物をしていただいた村松様からこのようなお問い合わせをいただきました。

『こんにちは。最近のブレザーは、二つボタンと三つボタンが流行りなのでしょうか。私的には、ショート丈のスペンサージャケットが好きですが・・』

私の所見を述べてみたいと思います。

制服のデザインは巷のファッションを反映しながら微妙に移り変わっています。
ちょっと前は男性のビジネススーツは3つボタン4つボタンのストレートなシルエットで丈の長めのジャケットが流行っていましたが、このごろは2つボタンでウエストをしぼったタイトなシルエットが流行っています。

スペンサー丈の制服の出所はというと、、、
今の高校生のみなさんが生まれる前あるいは生まれた頃、もしかするとお父さんお母さんが若かりし頃・・・いわゆる「バブル景気」の中、女性はボディコン、男性はダブルのスーツに身を包んでいました。

一方で、校内暴力など学校の荒廃が大きな社会問題となっていたのもこの頃でした。
私立の学校などは優秀な生徒を確保するためのイメージ戦略として有名デザイナーのおしゃれな制服を採用するのが流行りました。
公立の学校(主に高等学校)も変形学生服やスケバンセーラー撲滅のため、こぞって服装の指導がしやすい(改造がしにくい)ブレザー制服への切り替えがおこなわれました。

現在スペンサージャケットを制服として着用している学校はほとんどが1980年代後半から90年代前半に制服のデザインを選定したといっても過言ではないと思います。
ですが、現在スペンサー丈のジャケットを制服にしている学校でも、それほどバブル時代を彷彿するようなデザインにはなっていません。
学校の制服は制定されると何年も同じデザインの制服を続けるのであまり極端に流行を取り入れたものは敬遠されるからです。

そして、現在は制服のブレザーは3つボタンから2つボタンへ、シルエットはタイトに、丈は短めにと、ちょっとずつシフトしてきています。

今後また、スペンサー丈の制服が現れる可能性もないとは言えませんが、それより私が気になるのは『セーラー服』!それも従来のセーラー服ではなく、『ちょっと進化したセーラー』

私自身あたためている構想もなくはないのですが、オリジナル商品として発売する勇気はまだありません、、、KURI−ORIさんあたりやってくれそうな気がしますが。。。えへへ。
ラベル:制服ブレザー
posted by みよちゃん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。